V推しなんしょ

京V同(@ku_vtuberlove)のメンバーがおすすめVtuberを紹介していくブログ

おすすめV紹介 第95回:霊界ラジオ

心霊×HIPHOPな男性3人組、霊界ラジオ

今回紹介するVtuberは「霊界ラジオ」です。

f:id:ku_vtuberlove:20210820212021j:plain

https://twitter.com/REIKAI_RADIO/status/1368519044572221442?s=20

霊界ラジオ霊媒悪霊都市伝説(概念)の三人からなる心霊ほのぼの系Vtuberです。HIPHOPを中心にジャンルの垣根を越え、作曲や編曲も自身らで手がけた様々な楽曲も投稿しています。配信では、だらだらとした心地よい雰囲気でウィットに富んだ会話を楽しむことができます。

2019年の5月より活動しており、活動歴は2年を超えます。活動歴が長いということは、今すぐ見ることのできるコンテンツが多いってことですね!!

現在は活動を縮小中ですがメンバー個々の範囲での活動はされていますので、活動再開を楽しみに待ちましょう!

 

 

イカしたメンバーを紹介するゼ!

f:id:ku_vtuberlove:20210821000445j:plain

金髪に前髪の白色のメッシュが特徴的な悪霊、朧家振弧(おぼろげブランコ)。心優しき愛されキャラで、他メンバーの二人に振り回されがち。霊界ラジオのホームページやMVも作成し、技術力が高い。

f:id:ku_vtuberlove:20210821000626j:plain

蒼い髪で装束、切れ長の目の霊媒師、地獄川震(じごくがわブルー)。マイペースでインテリ、唯一無二なユーモアのセンスが光る。言動の味わい深さが随一。

f:id:ku_vtuberlove:20210821000641j:plain

目が隠れる前髪にハットが素敵な都市伝説、KYOTOU O-EⒶST SHIBUYⒶ【巨頭O-EAST渋谷】(きょとうおーいーすとしぶや)。哲学に造詣が深く、会話に混沌をもたらす。好きな言葉は蜂起自律ほのぼの

立ち絵:https://mobile.twitter.com/oborogebranko/status/1317134876823285761 

 

以下ブランコさん、ブルーさん、巨頭オさんと表記します。

まずは以下の自己紹介動画4分でわかる霊界ラジオをご覧ください!

自己紹介動画で霊界ラジオの世界観を知りましょう!霊媒師と悪霊という天敵みたいな取り合わせながらも二人の掛け合いは仲が良く、ほのぼのしてしまいます。まさに、心霊ほのぼの系Vtuber

地獄川一派についてより知りたい方はnoteに投稿されているブルーさんの私小説をご覧ください。ほんとにおもしろいです。

 

手短に霊界ラジオのことがわかる動画です。親切〜〜。この動画から分かるように個性的な配信がとってもおもしろく、HIPHOP霊媒み溢れる曲がめちゃめちゃかっこいいです。他にも短い切り抜きがチャンネルにいくつか上がっているのでまずはそちらから見てみて下さい。

自己紹介動画から姿が変わっているのは、イタコさんの力を借りチャネリングの精度が上がったからです。

霊界ラジオの魅力にせまる

レペゼン鍾乳洞!!DOPEなHIPHOP

初めにも紹介した通り、霊界ラジオはHIPHOP中心の音楽系Vtuberですのでまずは曲を紹介していきます!鍾乳洞は霊界での溜まり場のことです。

「この世界に、R.I.P」

ブランコさん作のかっこいいトラックに霊媒みのあるパンチラインがこれでもかと散りばめられた、霊界ラジオの世界観が詰まった曲になっています。MVもブランコさん作で一目でわかる不穏さがたまらないです。除霊最高!!除霊最高!!

 

「暗い森の中、迷い疲れた旅人は一棟の洋館に辿り着く。」

かっけ〜〜、えろ〜〜い!!重低音の効いたトラックにのせられたHIPHOP×霊界みが巧みに折り合った歌詞やMVにも注目です。イタコさんのイラストもゴージャスで最高ですね。

 

 

こちらは7月より毎月異なったテーマでリリースされているシングル、#霊ラジSINGLEの8月の楽曲です。8月のテーマは「この夏が来る前に、たくさんの夏があった。」です。客演に最高のボーカル、潮成実さんを迎えたこちらの曲は、とても爽やかでどこかノスタルジーを感じる夏曲ですね。BOOTHにてA面/B面の2曲入りで販売されていて、B面の『Factotum』も黄昏れたくなる夏の夕暮れ時に聴きたい曲になっています。是非ご購入を!!

 

こちらは霊界ラジオ 1st EP『Poltergeist』より、『into the Room』と『Coming Insurrection』です。『into the Room』はおどろおどろしい声から始まり、lo-fiの心地よい曲かと思うと、霊界ラジオのこれまでが走馬灯のように流れていく。EPの一曲目らしく、世界観に強く引き込まれる楽曲になっています。『Coming Insurrection』は二人の強気なラップに巨頭オさんのゴリゴリのメタルとデスボイスあわさったパワフルな曲。ぜひサブスクや各種配信サイトでEPを全曲通して聞いてみてくださいね。

 

こちらも霊界ラジオ 1st EP『Poltergeist』より、咲乃木ロクさんを客演に迎えた曲『For Domingo』です。こんなんクラブでの箱鳴りが最高なやつやん...こちらの配信ではDomingoとは誰なのか、など楽曲作成の裏話なんかも聞けちゃいますので是非ご覧ください。

 

霊界ラジオは存在しないクラブ"Club Turtle"通称蟹亀の常連で、今までに2つリリースされたEPでも客演しています。そのなかから今回はブランコさんがBOOGEY VOXXのFraさん、坂神蟬丸さん、nyankobrqさんとともに客演した、『Toon World』をピックアップしました。他の曲でも客演やMIX、トラックや歌詞などで参加しているので要チェックです!!

 

霊媒みあふれる独創的なチャネリング(配信)!

霊界ラジオの大きな魅力の一つに毎週金曜日23:30から行っているチャネリング(生配信のこと)の面白さがあげられます。全対的にだらだらとした配信ながらもその空気が心地よく、知識量に裏打ちされたウィットに富んだ会話はほんとに面白いです!チャネリング再生リストに多数まとめられていますので、お好きなものから!以下はその中でも特にオススメのチャネリングです。

 

 

↑初っ端、ブルーさんが蕎麦をすすりながら始まるこの配信、オモコロさんにて行われた企画の「盛り盛り伝言ゲーム」を霊界ラジオで行ったものになります。この配信ではブルーさんと巨頭オさんの発想の面白さや、その二人に振り回されるブランコさんの様子を見ることができ、霊界ラジオの良さが味わえます。

 

↑こちらはコメントしたリスナーの名前の由来を考える、視聴者参加型の人気企画です。名前一つからでも三者三様の由来が考え出されて、発想のたのしさがわかる配信です。

 

心霊系Vの名に恥ないコンテンツ

↑こちらは月ノ美兎さんの『帰れない百物語』でも使われた、残暑にぴったりな怪談の動画です。ブルーさんの語りにより紡がれる物語は動画や効果音も加わり、霊界ラジオの総力を上げているだけあって非常に怖い怪談に仕上がっています。

 

↑一見すると普通の配信ですが、ブルーさんが同じことしか話さず、声が霊障の影響をうけるなど、徐々に様子がおかしくなっていき...事の顛末はぜひご自身でご覧ください。ブルーさんの『テルーの唄』が耳から離れません。。。

 

↑こちらは洒落怖好きの人におすすめの配信です。この配信ではこっくりさんやヤマノケ、きさらぎ駅の倒し方について、正攻法や前提を覆したりする過激な方法などを考えていきます。一緒に倒し方を考えてみよう!

 

おすすめ配信、動画はこちら

↑マジギレしながらと言っても小学生の罵り合いみたいでほのぼのしてます。麻雀がわからなくても十分楽しめます!

 

↑こちらはブルーさんの元に寄せられた、3つのキーワードと特定のジャンルで除霊を行って欲しいという除霊依頼を解決する動画です。活動初期に投稿していた動画も味があって良いので是非みてください。

 

↑こちらは霊界ラジオから巨頭オちゃんと鍾乳洞より召喚された詩人(←マジのガチの詩人)のヘルポエマーちゃん、企画立案者の肉赤子ちゃん、かわちぃかわちぃ子種潰乳子殴ちゃんにギャルい神である神ぴゃっそちゃんをコメンテーターに迎えためっちゃ俳句をやる配信です。知的かつ爆発的でさわやかな、俳句のおもしろさが分かる配信です。

 

↑こちらはイタコこと播九爾さんがKPをつとめ、霊界ラジオとともに椎名かいねさんがPLとして配信を行ったクトゥルフ神話TRPG配信「誰がロックを殺すのか」の告知動画です。本配信は7時間を超えるというボリューミーな配信ですがどのPL、キャラクターも魅力的で、和気藹々と進行していくので退屈することなく観ることができます。どのような結末が待っているのか、誰がロックを殺すのか、是非ご自身で見届けてください!

 

霊界ラジオを、推せ。

いかがでしたでしょうか。HIPHOP×心霊のイケてる三人組、霊界ラジオの紹介でした。毎月のシングルのリリースなど、これからの活躍からも目が離せません!!

 

 

各リンクはこちらから↓

↑公式Twitterだけでなく、各メンバーのTwitterもあるので、要チェックです!!

↑FANBOX!!支援すると各メンバーのブログやラジオ、ボイスドラマが聞けます!かつてのブルーさんが書いたライトノベル『ハイスクール骸フェスタ(アポカリプティックMix)』も読めます。

↑公式サイトでは各種情報のほか、お手製のlo-fi hiphopも堪能できます。

↑BOOTHでは音源の他、Tシャツや缶バッジ、アクリルフィギュアなどのグッズも販売しています。ボイスドラマもオススメです!!

↑EPについてのテキスト等に加え、ブルーさんのとても面白い小説が読めます!

(記事作成:佐天乃乃)